毎月の出版の4-6週前に、その症例報告並びに質問事項に対して興味のある個人にメールされます。出版内容には症例に対する考察、記憶すべきに需要な点、ならびに1, 2のその分野の専門家のコメントが含まれます。ぜひ研修生とこれらを毎月、ご一緒に勉強してみてください。

2011 臨床症例研究

六月

甲状腺亢進症の治療後に生じる低カルシウム血症
DOI: 10.1373/clinchem.2010.150375

五月

シクロスポリン投与のない患者での、血中シクロスポリン濃度上昇
DOI: 10.1373/clinchem.2010.148718

四月

てんかん発作を起こした9 ヶ月の男児と、矛盾した尿中トリプトファン濃度
DOI: 10.1373/clinchem.2010.144899

三月

劇症型肝不全と溶血性貧血の患者で血清アルカリフォスファターゼ活性が検出感度以下となった一例
DOI: 10.1373/clinchem.2010.152447

二月

予期せぬヘモグロビンA1c値の測定結果
DOI: 10.1373/clinchem.2010.155804

一月

急性肝障害患者における持続したアセトアミノフェン濃度の上昇
DOI: 10.1373/clinchem.2010.144527

 

 

Page Access: