毎月の出版の4-6週前に、その症例報告並びに質問事項に対して興味のある個人にメールされます。出版内容には症例に対する考察、記憶すべきに需要な点、ならびに1, 2のその分野の専門家のコメントが含まれます。ぜひ研修生とこれらを毎月、ご一緒に勉強してみてください。

2010 臨床症例研究

十二月

高用量メソトレキサート投与の腎毒症患者でのメソトレキサート測定の難しさ
DOI: 10.1373/clinchem.2010.144824

十一月

マルファン症候群と診断された患者の、高い血漿ホモシステイン濃度
DOI: 10.1373/clinchem.2010.147702

十月

血清HIV検査結果の解釈について
DOI: 10.1373/clinchem.2009.139535

九月

ある若い健常男性の多発性肋骨骨折について
DOI: 10.1373/clinchem.2009.135095

八月

アヘン剤陽性と出た、ある小児患者の免疫測定法による結果について
DOI: 10.1373/clinchem.2009.137596

七月

ブスルファンの最適濃度は?
DOI: 10.1373/clinchem.2009.134940

六月

56歳男性の季肋部痛を伴う高リン血症
DOI: 10.1373/clinchem.2009.136895

五月

心臓外傷を伴わずに生じる、血漿心臓トロポニンIの慢性的上昇
DOI: 10.1373/clinchem.2009.138164

四月

事故か放火か:一酸化炭素測定は、死後症例の一酸化炭素ヘモグロビン測定にも信頼性があるか?
DOI: 10.1373/clinchem.2009.131334

三月

熱性献血者
DOI: 10.1373/clinchem.2009.131623

一月

多発性骨髄腫の治療後に認められる、血清中の遊離軽鎖蛋白の急激な増加
DOI: 10.1373/clinchem.2009.133041

 

Page Access: